頭皮への過剰なブラッシングは傷をつけてしまうの情報ページ

頭皮への過剰なブラッシングは傷をつけてしまう

過剰なブラッシング

頭皮を過剰にブラッシングして、頭皮に刺激を与えすぎると、皮下組織に大きなダメージが加わってしまい、最悪破壊されてしまうこともあります。

 

頭皮が炎症を起こしてしまい、皮脂分泌が増加して、シャンプーをいくらしても毛穴が詰まってしまう可能性も。

 

そうなるとさらに薄毛や抜け毛が進行することにもなります。これは頭皮マッサージもそうですが、ブラッシングも過剰に行うと頭皮を傷つけることになって逆効果になります。

 

ブラッシングはあくまでも髪型を整えるなどのために行い、さらに正しい方法で行うようにすることが大切です。

 

ブラッシングをするときには、頭皮や髪を傷つけないように心がけましょう。髪が長い人であれば、毛先から毛根部分までを一気にブラッシングしないことがポイントです。

 

毛先部分から少し打つ、髪の毛を少しずつほぐすようにしてブラッシングするようにしましょう。

 

ブラシを頭皮に当てないことがブラッシングの際の重要なポイントになりますので、気をつけてみて下さいね。

 

正しいブラッシングには、髪全体に皮脂を行き渡らせる効果があり、ツヤやうるおいのある美髪のために効果的です。

 

またシャンプー前に行うことで、頭皮の汚れや髪の毛の中にあるゴミなどを浮かび上がらせることができ、より薬用シャンプーがより効果的にもなります。頭皮に炎症や傷があるときは、育毛剤やコンディショナーに刺激的な成分が配合してあると痛みを感じやすいので、できれば傷を作らないようなブラッシングをしていくようにしましょう。

 

頭皮が荒れた状態だと育毛にも効果が出にくいのは男性や女性を問わず両方ですので、フケなどが気になるような場合には、ブラッシングだけに頼らずに、スカルプ用の育毛に効果があるシャンプーを使用していくとよいでしょう。

皮脂は天然の保湿クリームと言われていて、肌のうるおいを守って乾燥から防ぐ大事な役割を担っているので、保湿というと必ず油分が必要というイメージを持っている方も多い...

乾燥肌の保湿方法は、まずは洗顔やクレンジングで天然の保湿成分を落とさないようにすること、そしてスキンケアで生成をサポートすることです。コラーゲンなど角質層のキメ...

▲頭皮への過剰なブラッシングは傷をつけてしまう 上へ戻る

頭皮への過剰なブラッシングは傷をつけてしまう page top